羊毛パビリオン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あけましておめでとうございます  

平成二十九年、いざ参りましょう。


DSC01990_convert_20170101171458.jpg



















DSC01983_convert_20170101171540.jpg


今年の干支作品は説明が要りますね。
この作品は、童画家・武井武雄(故人)の版画
「献盃」をモデルに制作しました。

すっかりニワトリだとお思いでしょうが
彼女(?)は鳩なんです。
版画にはこんな詩が添えられています。


〝あたしはパロマと申します
 まずは一献さしあげて
 お粗末ながら鳩の舞
 一さし舞うてさがります〟


「パロマ」はスペイン語で鳩の意味なので
間違いなく鳩なんですよね。
頭のトサカに見えるものは何でしょうね。
そんな武井武雄作品の謎でユニークな所に惹かれるんですけども。

12月の忙しさと久しぶりの着物に
ずいぶん梃子摺ってしまい、
初めて干支が完成しないまま
年を越してしまいました…
ちなみにカウントダウン公演の「さか落とし」はけん玉の技名でした。
年始からえらい笑わせてもらいましたよ。

今年は前半いろいろと動きがあると思います。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

category: 作品

tb: --   cm: 0

2016年のこと  

2016年が終わろうとしています。

とにかく今年は早かった。
気が付けば年末、30日になってしまいました。
とにかく作り続け、忙しく、あっという間に終わろうとしている。
しかし、昨年とは明らかに意識が変わっている、と感じます。

DEMEとして販売を始めて1年、
幸いなことにいくつかの作品の旅立ちに立ち会うことができました。
私にとって宝物の体験です。
制作時にお客様のお姿を思い浮かべることができることは、私にとって大きな欠けていた点を埋めてくれる出来事なのです。

生活の変化と言えば、Twitterを始めたこと。
姿こそ見えないけれど、こちらもまた見て頂く方の反応を知ることができ、意外な事ばかりで大いに制作に影響を与えてくれています。
また沢山の作品をTwitterを通じて拝見することができて世界が広がりました。
ほどほどの距離感で長く続けていきたいものです。


ユニット「八匹の羊」が結成されたのは今年でしたね。
ユニットとしての出展は1度だけですが、
その後それぞれに独立してブースを出展するようになりました。
それはとても良い変化だと思っています。切磋琢磨し、時折合同で出展する、とても良い関係ですよね(^^)


こうして1年を振り返って思い出すこと全ては、1人ではできなかったことです。私は沢山の人に与えられて生きている。
鈴木先生、仲間達、友、家族、そしてお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。



来年は5月に念願のデザフェス出展を控え、より一層精進しますよ!
その前に。明日は恒例行事
ヨーロッパ企画カウントダウン2016→2017
~劇団ハイタウン新春興行『愉快青春!さか落としキャンパスロード』~
観に行きますよ。さか落としって何やろか。

文章ばかり長々と失礼しました
よいお年を~<(_ _*)>






category: 日々

tb: --   cm: 0

DWLを終えて  

12月4日「ドールワールド・リミテッド」終了しました
沢山のご来場ありがとうございました!




Point_Blur_20161211_002125_convert_20161211005045.jpg

会場は終止賑わいが絶えず、昨年に増して盛況でした。









Point_Blur_20161210_011112_convert_20161211004318.jpg






Point_Blur_20161210_010614_convert_20161211004415.jpg

「DEME」ブースはこんな感じ、
今回自作した什器も地味に活躍してくれました。
荷物は減りませんでしたが。




前回6月の「ドールワールド」終了後
長い準備期間があったにも関わらず
途中いろいろと考えすぎて手が止まっていた時期もあり
思うように制作は進まず、特に人形が増やせなかったことに
しょんぼりしつつ上京することになりました。

しかし、蓋を開けてみると
思っていた以上の方に反響を頂く結果となりました。

締め切りに追い詰められたとき
「自分の事は置いといて、お客様の為の作品を」
と切り替えて制作したことが
自分の思わぬ一面を表す作品となった気がします。
そして、その作品を受け入れて頂いたことは
この上ない喜びなのです。

作品を発表する場を作ってくださった
主催者様、そしてすべてのお客様に
心より感謝しています。













_20161210_234740_convert_20161211004457.jpg
東京滞在中、ふらっと立ち寄った場所に
ミニ花輪のガチャポンがありまして、
回してみると『祝 一周年』が出ました(他のは祝ご出演とか)
ほう、今の私にぴったり。

「DEME」の屋号の誕生からちょうど一周年
そう、たかが一周年なんだから恐れることなく挑戦していこうと思いました。
とりあえず二周年を目指して。





category: イベント

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。